タイルの町多治見市笠原町のモザイクタイルミュージアム

アーカイブのタイトル画像

Official Event

「昭和レトロタイル本と博物館の予告編」展の第3弾

多治見市モザイクタイルミュージアム×加藤郁美
「昭和レトロタイル本と博物館の予告編」展の第3弾

2016年6月、藤森照信氏設計のユニークな姿で開館する多治見市モザイクタイルミュージアムのコレクションから、昭和30年代に人気を博した組タイルなど120点と、当時貼られたタイルがそのまま残る街々を訪ねて撮影した写真を展示します。

また色とりどりの小さなデッドストック・タイルをお好みで詰め放題の「タイル潮干狩り」をお楽しみいただきます。

「昭和レトロタイル」の名古屋展会場は、日本陶磁器センターです。名古屋市の認定地域建造物資産であるこの建物は、じつは「ふたつの顔を持つ建物」。桜通りに面した新館は昭和33年建設の戦後ビルですが、 裏側の旧館、昭和9年建設の戦前の洋風建築ビルなのです。

展示会場の大会議室は一般には非公開ですが、当ビルに静謐な事務所をかまえておられるコロンブックスさまのご尽力、日本陶業連盟/全国タイル工業組合さまのご協力で、この見事な陶板貼りのアーチ天井の大会議室で、展示をおこなうことができました!映画にでてくるような会議机もすばらしい!…展示とともに、建物のディテールもお楽しみ下さい。

会 期2015.11. 26(木)ー29(日)11:00ー17:00
会 場日本陶磁器センター 3F大会議室〈入場無料〉
名古屋市東区代官町39−18

【問い合わせ】tel. 052-930-5585(colonbooks)
《企画》(一財)たじみ・笠原タイル館/月兎社/colonbooks
《協力》(一財)日本陶業連盟/全国タイル工業組合

|特別講演会|
藤森照信氏 「藤森建築と多治見モザイクタイルミュージアム」

日 時2015年11月25日(水)15時開演(14:30受付開始)
会 場日本陶磁器センター 4F多目的ホール
参加費1,000円(呈茶券付)

講演会後に本展会場のプレオープンをいたします。
coffee Kajita のドリンクとともにお楽しみください。

定 員先着100名

メール shop[at]colonbooks.com
または FAX〔052-930-5585〕にて、
お名前と連絡先(FAX申込の方は必ずFAX番号も)をご記入の上、
コロンブックスまでお申し込みください。(お一人3名まで)

「昭和レトロタイル本と博物館の予告編」展01
「昭和レトロタイル本と博物館の予告編」展02
イベント一覧へ戻る
ページトップ