タイルの町多治見市笠原町のモザイクタイルミュージアム

収蔵品についてのタイトル
タイルのカーテン
Policy
ポリシー

タイルの生産地による、地域産業文化を一望できるアーカイブ。
大正末期から現在までの「まちとタイル」の風景。

必ずしも著名な建築物に施工されるわけではないモザイクタイルは、多くの場合、老朽化した建築物と運命を共にし、廃棄されていきます。そんな中、自分たちの仕事に誇りと愛着をもつ地元有志は、建物の解体の情報を聞きつけてはタイルを譲り受け、あるいは閉鎖される工場からタイルのサンプルを引き取るといった収集を続けてきました。

モザイクタイルミュージアムでは、その1万点を超えるコレクションの中から、モザイクタイルが貼られた家庭の風呂桶などの生活用品、見本台紙やタイルの製造機械などをご覧いただけます。
多治見市のタイル産業を一望できる貴重なアーカイブとして、後世に継承し、新しい利活用の可能性を追求していきます。

Exhibits
展示

モザイクタイル産業の歴史とデザインをめぐる3つの展示室。

モザイクタイルミュージアムには3つの展示室があります。大階段を上り切った先にある4階の展示室では、床から天井まで白いタイルに覆われた空間に、収集されてきたモザイクタイルの絵模様や絵タイル、洗面や風呂などから藤森氏が選んだ資料がちりばめられ、不思議な魅力を放っています。3階の展示室は多治見のモザイクタイルの製造工程や歴史がたどれるコレクションの展示と企画展示を行うギャラリー。タイル産業の歩みを記した年表や製造機械、貼り板(シート加工する時に使う道具)などを展示。釉薬が厚く塗られたレトロなタイルや、今では再現できない貴重な色のピースもご覧いただけます。2階の展示室は最新のタイル情報を一元化し、ご提供する産業振興フロアです。コンシェルジュカウンターではタイル選びや施工のご相談も承ります。

常設の収蔵品の様子1 常設の収蔵品の様子2
常設の収蔵品の様子3 常設の収蔵品の様子4
ページトップ