タイルの町多治見市笠原町のモザイクタイルミュージアム

tilemapのタイトル画像 tilemapのタイトル画像
笠原中央公民館・陶都街並探偵団・モザイクタイルミュージアム共同企画
まちなかタイル発見レポート展

開催予告

Event
ワークショップ展示

 

多治見市笠原町では、タイルがどこよりも多様な形で、身近に使われています。

このたび、笠原中央公民館を拠点に活動する子どもたち、「かさはら探検隊2018」と、20年以上地元のまち歩きを行ってきた「陶都街並探偵団」にご協力いただき、笠原のまちなかにタイルを探しに出かけました。その成果を、パネル展示でご紹介します。

モザイクタイルミュージアムへお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

会場 笠原中央公民館1階ロビー
会期 2019年2月17日(日)~3月17日(日)
開館時間 9:00~21:30(最終日は午前中で終了見込み)
入場料 無料

お申し込みはコチラから

詳細はコチラから(PDF)

Profile

かさはら探検隊

毎月1回、笠原町の魅力再発見をテーマに、地域のアーティストと子どもたちが創造性あふれるアートワークに取り組む通年プログラム。タイル探しには6人の小学生が参加。
企画・講師 斧内弥生

Profile

陶都街並探偵団

いろんな街を探偵のごとく散策し、街づくりの事例や文化・歴史を学び、地元「陶都」の街づくりに活かしたい。こんな想いを抱いた者たちが一緒になって1995年に結成したグループ。タイル探しには3人が参加。
団長 山田敬志

ページトップ