タイルの町多治見市笠原町のモザイクタイルミュージアム

danbouruのタイトル画像 danbouruのタイトル画像
―タイルはりたいけん―
段ボール人間をタイルで飾ろう!
Event
段ボール人間をタイルで飾ろう!

1階のエントランスにて、開館以来皆様をお迎えしていたモザイクタイルカーが、水戸芸術館で開催される藤森照信展に出張しています。その間、アーティストの大崎智仁さんによる「段ボール人間」を展示、来場者が自由にモザイクタイルを貼り付けていけるようにしました。どんな姿になるのかは、皆様の手にかかっています!一緒に写真を撮って、変化の様子を共有していただければ幸いです。

主催 多治見市モザイクタイルミュージアム
期間 2017年3月7日(火)~5月16日(火)の火曜日から金曜日(平日限定)
時間 午前9時~午後5時
会場 多治見市モザイクタイルミュージアム1階(多治見市笠原町2082番地の5)
料金 無料(モザイクタイルミュージアム展示室の入場には観覧料が必要です)

※申し込み不要、1日30名様限定の見込み。毎日、タイルがなくなり次第終了です。

   お問合せ先
    多治見市モザイクタイルミュージアム (担当 村山)
    住所 〒507-0901 多治見市笠原町2082-5
    電話 0572-43-5101
    URL http://www.mosaictile-museum.jp

お申し込みはコチラから

詳細はコチラから(PDF)

Profile
大崎智仁 略歴

1977年 3月 愛知県生まれ
1999年 3月 名古屋造形芸術大学 卒業
2005年 4月 大崎造形絵画教室 一宮 設立
2011年 11月 「大崎智仁展」プジョー 一宮
愛知芸術文化センター、稲沢市荻須記念美術館、一宮市三岸節子記念美術館、ヤマカまなびパーク、笠原中央公民館などで展示、ワークショップを多数開催。

ページトップ