タイルの町多治見市笠原町のモザイクタイルミュージアム

tokyosentoのタイトル画像 tokyosentoのタイトル画像
特別展
東京の銭湯とタイル

―おとめ湯をめぐって―

Exhibition
特別展

東京の銭湯とタイル ―おとめ湯をめぐって―

本展は、東京都内の銭湯とタイルの文化を考える特別展です。

4階に常設展示されている絵タイルの中には、東京のおとめ湯や桜湯等の壁面断片が含まれています。その中でおとめ湯の絵タイルは、文京建築会ユースのご尽力により資料保存がかなったものです。今回の特別展では、同会メンバーのご協力のもと、おとめ湯を起点として銭湯の魅力を探ります。また、銭湯に詳しい研究者などに声を掛けながら、写真や、関係資料などを展観し、銭湯に使われてきたタイルについて検証します。

ただのお風呂ではなく、庶民文化の変遷を映す「まちの博物館」ともいえる銭湯。少しでも多くの方に関心を持っていただければ幸いです。

会期 平成30年3月17日(土)~6月10日(日)
会場 多治見市モザイクタイルミュージアム 3Fギャラリー
主催 多治見市モザイクタイルミュージアム
企画協力 文京建築会ユース
後援 東京都公衆浴場業生活衛生同業組合
観覧料 一般 300円、20名以上の団体 250円(常設展観覧料でご覧いただけます)、高校生以下無料

 休 館 日  毎週月曜日(ただし、4月30日は開館して、5月1日が休館日となります)

※関連企画はそれぞれお申し込みが必要です。

お申し込みはコチラから

詳細はコチラから(PDF)

Profile

募集中

lecture
対談

銭湯の建築と文化

独特の建築や道具、そしてタイル。銭湯は、単に入浴をする場所ではなく、日本の文化の一端が凝縮された空間といえます。銭湯研究の第一人者として知られる町田忍さんと、日本銭湯文化協会理事で建築史家の米山勇さんに、語り合っていただきます。

講師 町田忍氏(庶民文化研究所所長)                 米山勇氏(江戸東京博物館研究員)
開催日 平成30年5月19日(土)
時間 1:30~3:00
会場 笠原中央公民館
定員 50名様(お申し込み先着順、募集開始は3月の予定)

お申し込みはコチラから

詳細はコチラから(PDF)

profile | |

募集終了

tour
まち歩き

林丈二さんとまち歩き~むかし銭湯があったまちで

林丈二さんは、モザイクタイルミュージアムをデザインした藤森照信先生とともに路上観察学会の会員であり、マンホールのふたや狛犬など、町中で見られる身近な存在の研究で知られています。そんなまち歩きの達人とともに、かつて市内に40件はあったという銭湯の痕跡を手掛かりに、知っているようで知らない「多治見」を、カメラ片手に観察してみましょう。

講師 林丈二さん
開催日 平成30年5月20日(日)
時間 午前10時~午後4時ごろ                 (スライドレクチャー→まち歩き→写真を見ながら歓談)
集合場所 笠原中央公民館
定員 20名(お申し込み先着順)

お申し込みはコチラから

詳細はコチラから(PDF)

profile | |

ページトップ