タイルの町多治見市笠原町のモザイクタイルミュージアム

%e5%8f%8e%e8%94%b5%e5%ba%ab%e5%a4%a7%e5%85%ac%e9%96%8b%e3%80%80%e3%83%a2%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%ae%e9%81%8e%e5%8e%bb%e3%83%bb%e7%8f%be%e5%9c%a8%e3%83%bb%e6%9c%aaのタイトル画像 %e5%8f%8e%e8%94%b5%e5%ba%ab%e5%a4%a7%e5%85%ac%e9%96%8b%e3%80%80%e3%83%a2%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%ae%e9%81%8e%e5%8e%bb%e3%83%bb%e7%8f%be%e5%9c%a8%e3%83%bb%e6%9c%aaのタイトル画像
企画展
収蔵庫大公開

ーモザイクタイルの過去・現在・未来ー

Exhibition
企画展

収蔵庫大公開
ーモザイクタイルの過去・現在・未来ー

本館が生まれる以前、ここ笠原町には笠原町商工会・地場産業振興委員会を端緒として、タイル業界の有志が熱意をかけて収集したモザイクタイルを展示する「モザイク浪漫館」がありました。館内には各地から集まったモザイクタイルが所狭しと並び、まさにタイルの宝庫と言えるような場所でした。本館はこのような思いの詰まった収集品を基盤として誕生し今に至っています。ここにはいったいどんなモザイクタイルが眠っているのか。長い時間をかけ、心を込めて集められてきたタイルたちを来館者の皆様に間近で鑑賞いただき、自由に感じてもらい、少しでもその魅力を届けることができれば何よりです。

またそれはタイルの歴史を考えることと不可分な作業にもなります。過去のタイルを見つめ、今の在り方を見直し、未来へ繋げていく。そのような趣旨から、現在活躍中の各企業の方々にも今を表すモザイクタイルを展示していただき、タイルについて思う存分語っていただくギャラリートークを開催します。それぞれの企業が展示物を目の前にモザイクタイルの歴史や秘話、自社の取り組みやこだわり、そして未来への展望など、タイルの魅力と奥深さを存分に語り、来館者の方々と対話をすることができる場を設けることができれば幸いです。

※2024年1月23日(火)から2月2日(金)まで、展示替えのため3階展示室を閉室いたします。ご理解、ご協力をお願いいたします。

会期2024年2月3日(土)〜2024年5月26日(日)
休館日月曜日(休日の場合は翌平日)
開館時間午前9時~午後5時(入館は午後4時30分)
会場多治見市モザイクタイルミュージアム 3階ギャラリー
主催多治見市モザイクタイルミュージアム
協力株式会社オザワモザイクワークス、株式会社カネキ製陶所、杉浦製陶株式会社、鈴製陶株式会社、株式会社谷口製陶所、株式会社セラメッセ、長江陶業株式会社、名古屋モザイク工業株式会社、久松製陶株式会社、有限会社丸万商会

観覧料:一般310円、団体250円(常設展観覧料でご覧いただけます)
高校生以下無料、障がい者手帳をお持ちの方及び付き添い1名様無料

関連企画はお申込みが必要です。最新情報はホームページに掲載しますのでご確認ください。

お申し込みはコチラから

詳細はコチラから(PDF)

チラシ

戦前のマジョリカタイル等

Profile

gallerytalk
関連ギャラリートーク

今こそ語ろうモザイクタイルー現代タイルの担い手たちは何を考えているのかー

本展示にご協力いただいた企業の方々のトップにお話を伺うギャラリートーク。1社1回、計9回に及ぶリレー方式を予定しております。

本館学芸員が聞き手となりタイルにまつわる幅広い話題を熱く語っていただきます。

詳細については順次ホームページにてお知らせいたします。

お申し込みはコチラから

詳細はコチラから(PDF)

profile | |

ページトップ
menu

タイルの町多治見市笠原町のモザイクタイルミュージアム