タイルの町多治見市笠原町のモザイクタイルミュージアム

kodanmihoのタイトル画像 kodanmihoのタイトル画像
企画展
銭湯幻視ーモザイク湯

開催予告

Exhibition
企画展

コレクション探訪 with こだんみほ

  銭湯幻視―モザイク湯

多治見市モザイクタイルミュージアムには、古い商店街、自宅の水回り、銭湯などから地域の有志が集めてきた万点に上るモザイクタイルのコレクションが収められています。本展では、このようなモザイクタイルに魅了され、自らの作品に昇華させてきたアーティスト、こだんみほさんに、当館のコレクションを活用していただきます。

収集活動中、価値のある資料なのかどうか半信半疑の方も多かったと聞きます。いつも当たり前のように日常空間にあるモザイクタイル。魅力がわからないと思っておられる方も、彼女の手によるチャーミングな作品に感化されて、見過ごしてきたモザイクタイルの美しさに気づくのではないでしょうか。どのような作品が登場するのか、楽しみにご来場ください。

会期 令和4年2月11日(金・祝)~3月27日(日)
会場 多治見市モザイクタイルミュージアム 3階
観覧料 一般310円、団体250円(20名様以上)、高校生以下無料   (常設展観覧料でご覧いただけます)
休館日 月曜日(ただし、3月21日は開館、翌22日休館)
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

※新型コロナウイルス感染症対策に関する情報は、トップページよりご確認ください。
https://www.mosaictile-museum.jp/request/

お申し込みはコチラから

詳細はコチラから(PDF)

こだんみほ<排水口 福寿湯>2020年、作家蔵

Profile

こだんみほ

滋賀出身、京都在住。京都精華大学デザイン学部ビジュアルデザイン学科卒業
2017年より、銭湯やまちなかに実在する(実在した)タイルを模写して再構成し、樹脂でコーティングする新しい技法で作品を制作。個展やグループ展で発表している。

開催予告

workshop
ワークショップ

こだんみほさんとタイル柄のノートをつくろう!

「タイル柄シールで、かんたん手作り体験!」

 出品作家のこだんみほさんが、ご自分の作品を使ってオリジナルの「タイル柄シール」をご用意しました。自由なレイアウトで、お気に入りのタイル柄のノートを、気軽に作ってみましょう!

お持ち物  A5サイズのノートや道具は用意しますが、使い慣れたハサミなどをお持ちの方は、ご持参ください。

お申込み  メールまたはFAXにて、①お名前 ②ご連絡先 ③参加人数をお知らせください。(定員 各回10名)

講師 こだんみほ
開催日 令和4年3月19日(土)、20日(日)
時間 ①午前10時~11時30分 ②午後1時~2時30分(各日2回)
場所 笠原中央公民館 (モザイクタイルミュージアムとなり)3階
参加費 1,000円

お申し込みはコチラから

詳細はコチラから(PDF)

profile | |

ページトップ