タイルの町多治見市笠原町のモザイクタイルミュージアム

seikeiのタイトル画像 seikeiのタイトル画像
特別展
工場賛歌~成型編

Paean to Factories: Process of Forming

Exhibition
特別展

工場賛歌~成型編

__タイルの形、型のカタチ、千姿万態

本展は、2016年に実施した特別展「工場賛歌~原料編」及び2017年に実施した「工場賛歌~釉薬編」を引き継ぎ、タイルの成型方法に注目する展覧会の第3弾です。湿式、乾式など多様な製法、素材、タイルならではの特徴などを、実際の型に加えて、写真や模型、製品などの展示によってご紹介します。

また、会期中には、さまざまな成型方法について来場者の方々が関心をもてるよう、見学会やワークショップなどを開催します。これまで深く掘り下げられることがなかったタイル産業の重要な一面に、少しでも触れる機会となれば幸いです。

会期 令和元年5月25日(土)~9月1日(日)
会場 多治見市モザイクタイルミュージアム 3階
主催 多治見市モザイクタイルミュージアム
協力 株式会社GOTO
観覧料 一般300円、団体250円、高校生以下無料(常設展観覧料でご覧いただけます)
休館日 月曜日(休日の場合は翌平日)

※各関連企画へのお申込は、メールまたはFAXでお願いいたします。
開館時間中でしたらお電話でのお問合せも可能ですが、状況によってはお受け取りできないこともございますのでご了承ください。

終了しました。

お申し込みはコチラから

詳細はコチラから(PDF)

Profile

企画終了

workshop
ワークショップ

小さなモザイクタイルをつくろう!

乾式成形(みたいな)タイルを作る

笠原のモザイクタイルの製造には、サラサラに乾燥したお薬の粉のような原料と、大きなプレス成形機が使われます。その仕組みを疑似体験できる小さな道具を使って、モザイクタイルを作ってみましょう。あらかじめ成形しておいたものには釉薬を塗ってみます。後日、焼成してからお渡しします。工場賛歌展も説明付きで見学。小さなタイルにたくさんの工夫が詰まっていることを感じていただけると思います。

講師 七窯社代表 鈴木耕二さん
日時 2019年7月13日(土)午前10時~11時30分
場所 多治見市モザイクタイルミュージアム1階 体験工房
対象 小学生から大人 (お申込先着10名様)
参加費 500円(3階展示室の観覧券付き)

お申し込みはコチラから

詳細はコチラから(PDF)

profile | 七窯社 鈴木タイル店|

七窯社 鈴木タイル店は、昭和24年に岐阜県の美濃地方に創業した、三代続く美濃焼タイルの老舗です。美濃焼タイルの販売を通じて建物に彩りを与える事を目的に業務を行っております。

企画終了

workshop
工場見学

タイル工場見学「ひと工夫のカタチづくり」

多治見市笠原町には20件を超えるタイルメーカーがあります。現代のタイル製造には、自動で操作される大掛かりな機械が使われますが、各社が工夫を加え、独自のタイルを製造しています。「ひと工夫のカタチづくり」をキーワードに、ユニークなタイルを作っているタイル工場を見学してみましょう。もちろん、基本的なタイルの作り方もわかりやすくご説明します。何気なく見てきたタイルが、ちょっと違って見えるかもしれません。

日時 2019年7月15日(月・祝) 午後1時~4時頃(予定)
集合 多治見市モザイクタイルミュージアム1階
対象 中学生以上 (お申込先着順 10名様)
参加費 500円(観覧券付き)

お申し込みはコチラから

詳細はコチラから(PDF)

profile | |

企画終了

tour
工場見学

タイル工場見学「タイルの形の作り方」

モザイクタイルとクッキー、一見似たような形をしていますが、かたちの作り方は全然違います。まずは笠原の名物となったタイルクッキーを作っている和菓子店へ。それから地元のタイルメーカーを訪ねて、昭和40年代の成型機やタイルを製造している工場をご案内します。併せて当館で開催中の工場賛歌展を説明付きでご覧いただきます。

日時 2019年7月23日(火)午前9時40分~12時
集合 多治見市モザイクタイルミュージアム1階ロビー
対象 中学生以上 (お申込先着順 10名様)
参加費 500円(観覧券付き)

お申し込みはコチラから

詳細はコチラから(PDF)

profile | |

企画終了

workshop
ワークショップ

石こう型でモザイクタイル

多治見では、乾燥させた原料を使ってプレス成形するモザイクタイルが主流ですが、現在でも複雑な形の特殊なタイルを作る場合には、石こう型を使うことがあります。

今回のワークショップでは、多治見市陶磁器意匠研究所の先生による石こう型に関するスライドレクチャーの後、昭和のモザイクタイルを参考に作った型で、モザイクタイルを作ってみましょう。
普通のタイルと一味違う手作り感が楽しめます。

講師 多治見市陶磁器意匠研究所 山下奈穂先生
日時 2019年8月3日(土) 午前10時~12時
場所 多治見市モザイクタイルミュージアム 1階体験工房
対象者 小学生から大人 10名(お申込先着順)※レクチャーの内容は、ちょっと大人向けです
参加費 500円(3階展示室の観覧券付き)

お申し込みはコチラから

詳細はコチラから(PDF)

profile | |

ページトップ