タイルの町多治見市笠原町のモザイクタイルミュージアム

worldmosaicのタイトル画像 worldmosaicのタイトル画像
小企画展
世界のモザイク・今

Mosaic in the World Now

妙川幸子Long absence
Exhibition
小企画展

世界のモザイク・今

マクロとミクロが響きあう

この度、モザイクタイルミュージアムでは、「モザイク会議」のご協力を得て、ヨーロッパの先鋭的なモザイク作家とともに、「モザイク展2019」における受賞作品や参考作品等を紹介することとなりました。

世界に視野を向けると、石やガラス、やきもの等、様々な素材を用いたモザイクアートの作品が、古代から連綿と作り続けられています。現在でもヨーロッパを中心に、個性的なモザイク作家が多数活躍していますが、その最先端の作品を日本で目にする機会は多くありません。一方、国内のモザイク作家は「モザイク会議」を設立し、2年に1度のコンクール「モザイク展」や講習会等を通して、モザイクアートの普及と発展を目指してきました。タイルだけではない、多様なモザイクアートの表現をご高覧ください。

会期 2020年1月25日~5月10日
会場 多治見市モザイクタイルミュージアム3階ギャラリー
主催 多治見市モザイクタイルミュージアム
企画協力 モザイク会議
観覧料 一般310円、団体250円(20名様以上)、高校生以下無料(常設展観覧料でご覧いただけます)
休館日 月曜日(休日の場合は翌平日)

※各関連企画へのお申込は、メールまたはFAXでお願いいたします。
開館時間中でしたらお電話でのお問合せも可能ですが、状況によってはお受け取りできないこともございますのでご了承ください。

お申し込みはコチラから

詳細はコチラから(PDF)

ウェンディー・エドワーズ 「小鳥の言うことには これはハリネズミではない」

Profile

募集中

workshop
ワークショップ

碧亜希子の毒キノコ・モザイク

毒々しいほどに楽しい♪

作家がモザイクの作品を制作する際に生じた大理石の「割りカス」、自然石、タイルを使ったモザイクワークショップ。個性たっぷりの毒キノコを作りましょう!

※この事業は、多治見るこみちスピンオフ企画のひとつです。FAX、メールでのお申込みの他に、「多治見るこみち」サイトからもお申込が可能です。(1月26日現在、同サイトは整備中)

 

講師 碧亜希子
日時 令和2年3月20日(金・祝)  ①午前10時~午後1時 ②午後2時~5時
場所 多治見市モザイクタイルミュージアム 1階体験工房
対象 高校生以上(各回8人、要申込)
参加費 3,500円

お申し込みはコチラから

詳細はコチラから(PDF)

profile | 碧亜希子|あおあきこ

モザイク造形作家/エゲオ工房主宰
大学卒業後アテネ留学。アテネ、パレスチナ自治区などでモザイクを制作後、2010年に拠点を故郷の愛知県稲沢市に移す。2014年には若き日の織田信長像<水郷の吉法師>を制作。愛知県愛西市の名鉄勝幡駅北側広場に設置されている。

企画終了

workshop
ワークショップ

マチルダさんのワークショップ

本格モザイク・アートを体験しよう!

世界には、大理石やガラス、タイルなど様々な素材を自在に操るモザイク・アーティストが活躍しています。

その一人であるポーランド人のマチルダさんに、モザイク・アートの考え方を聞きながら、実際に制作してみましょう。

思いもしなかったイマジネーションが生まれるにちがいありません。

※フレスコ画の体験も選ぶことができます。

 

講師 マチルダ・トラセウスカ(モザイク・アーティスト、ポーランド)
アテンド 喜井豊治(モザイク・アーティスト)
日時 2020年1月25日(土)、26日(日) 午前10時から午後3時(予定) ※どちらか1日だけ参加も可とします。
場所 笠原中央公民館 3階(モザイクタイルミュージアム隣り)
対象 高校生以上 10人 (要申込、参加費8,000円) ※どちらか1日だけ参加希望の場合は5,000円

お申し込みはコチラから

詳細はコチラから(PDF)

profile | マチルダ・トラセウスカ       |Matylda Tracewska

1978年、ポーランドのワルシャワに生まれる。
ワルシャワ美術アカデミー絵画学科卒業後、ラヴェンナ美術アカデミーモザイク学科に学ぶ。2010年に卒論賞を受賞。その作品は各国で展示され、 2017年、ラヴェンナ市美術館によるGAEM若手作家国際モザイク賞受賞。現在はワルシャワ美術アカデミーで教鞭をとる。

ページトップ