タイルの町多治見市笠原町のモザイクタイルミュージアム

企画終了

workshop&tour
ワークショップと見学

みる×つくる 折り紙建築と特別ツアー

100年コラボ企画!名古屋市市政資料館のタイルを楽しもう!

明るい煉瓦色のやきものに覆われた名古屋市市政資料館は、大正11年(1922)、名古屋控訴院として建設されました。同年、東京の上野では「平和記念東京博覧会」が開催され、会場に集まったタイル業者の一団が、今後はこのような陶磁器製建築装飾を「タイル」と呼ぼうと、気勢を上げました。その年からちょうど100年。企画展の開催を記念し、ミュージアムを飛び出して、名古屋市市政資料館の建築に触れながら、「日本のタイルの100年」にも思いを巡らせるワークショップ×見学会を開催します。

※終了しました。

 

開催日時 令和4年9月18日(日) 1回目:午前10時~ 2回目:午後2時~
主催 多治見市モザイクタイルミュージアム
共催 名古屋市市政資料館
講師 筧清澄(建築家)、村瀬良太(建築史家)
場所 名古屋市市政資料館(現地集合)

お申し込みはコチラから

詳細はコチラから(PDF)

profile||

ページトップ