タイルの町多治見市笠原町のモザイクタイルミュージアム

企画終了

symposium
シンポジウム

建築とタイル 双方向の対話は可能か

建物の壁面や床面を覆う陶磁器製の薄板を、「タイル」と呼ぶようになって、2022年で100年となります。即ち「タイル」は、建築物に使用されることが前提となっているのです。この機会に、近現代の建築に深くかかわってこられた方々をお招きして、建築とタイルについて交流するシンポジウムを開催します。

手がかりとして、かつて建築史の立場から大阪歴史博物館学芸員としてタイルを真摯に見つめた故・酒井一光氏の研究に着目し、遺稿集の編集発行に携わった方々にお声がけしました。本展の企画者と共に、これまで建築家がどのようにタイルを使ってきたのか、どのような使われ方が評価されてきたのかを振り返り、これからのタイルの在り方や展望を語り合います。

※終了しました。

日時 令和4年11月23日(水・祝)14:00~16:00
場所 笠原中央公民館 3階
定員 50人
参加費 無料(ただし、企画展「日本のタイル100年」をご覧になる場合は別途観覧料が必要)
出演者 笠原一人、倉方俊輔、後藤泰男、高岡伸一

お申し込みはコチラから

詳細はコチラから(PDF)

profile||

ページトップ